マルクス政治学原論

柴田高好 著

市民社会バイアス的アプローチと国家バイアス的アプローチを駆使して、丸山眞男、ウェーバー、シュムペーター、プーランザス、廣松渉らの国家理論を解明し、マルクス国家論の構築を展望する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 「国家と市民社会」(国家と市民社会の原型理論
  • 国家と市民社会の展開理論
  • 国家と市民社会の現代理論)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 マルクス政治学原論
著作者等 柴田 高好
書名ヨミ マルクス セイジガク ゲンロン
出版元 論創社
刊行年月 2012.7
ページ数 479p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-8460-1150-5
NCID BB09743479
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22134803
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想