裏庭

今村方好子 著

1945年、終戦を平壌で迎えた11歳の洋子。混乱する外地で唯一心を交わすことができたのは、ソ連の青年兵だった。日本への苦難の帰国を描いた表題作はじめ、戦争で翻弄された家族の連作短編小説。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 裏庭
著作者等 今村 方好子
書名ヨミ ウラニワ
出版元 幻冬舎ルネッサンス
刊行年月 2012.6
ページ数 241p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-7790-0805-4
全国書誌番号
22133173
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

著作名 著作者名
マーじいちゃんのいる町 今村 方好子
帰郷 今村 方好子
御園座のあたり 今村 方好子
裏庭 今村 方好子
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想