特許法における明細書による開示の役割 : 特許権の権利保護範囲決定の仕組みについての考察

前田健 著

明細書の開示というフレームを通して特許法の諸概念を体系的に整理。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1編 序論
  • 第2編 明細書制度の構造(日本の明細書制度の歴史的変遷
  • 判例・審査基準に見る現在の明細書制度(記載要件・補正・訂正について)
  • 米国における明細書制度
  • 欧州特許条約における明細書制度
  • 特許強力条約(PCT))
  • 第3編 特許制度の理論と「保護限界」(特許制度の存在理由
  • 累積的発明と特許権:特許権の適切な保護限界
  • 発明段階の早期に発明者に特許権を付与することの意義:産業上の利用可能性(有用性)について
  • 特許権の適切な保護限界と開示要件)
  • 第4編 特許法における開示の役割(特許請求の範囲・明細書の役割と各特許要件間の役割分担
  • 開示要件の判断基準
  • 補正・訂正における「新規事項の追加」と開示要件の判断
  • 引用発明の認定、優先権主張の認定・出願分割と開示要件
  • 物之発明の保護限界-物質発明・プロダクトバイプロセスクレーム・用途発明についての考え方
  • クレーム解釈における開示の役割)
  • 第5編 結論

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 特許法における明細書による開示の役割 : 特許権の権利保護範囲決定の仕組みについての考察
著作者等 前田 健
書名ヨミ トッキョホウ ニ オケル メイサイショ ニ ヨル カイジ ノ ヤクワリ : トッキョケン ノ ケンリ ホゴ ハンイ ケッテイ ノ シクミ ニ ツイテ ノ コウサツ
出版元 商事法務
刊行年月 2012.7
ページ数 434p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-7857-1995-1
NCID BB09645447
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22129127
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想