縁の糸 : 夢草紙人情おかんケ茶屋

今井絵美子 著

お蝠のおかんヶ茶屋の飯台に泥酔して突っ伏した男が一人。左官の克一で、見かねた常連客が長屋まで負ぶっていった。聞けば、腕のよい職人だったが、五、六年前から酒びたりとなり、女房は病気がち、子供の孝一がけなげにも蜆売りで生活を支えているという。周りの者は克一をなじりながらも、孝一を応援する。職人肌の克一が、酒に逃げ込むには、他人には話せない事情があった。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 縁の糸 : 夢草紙人情おかんケ茶屋
著作者等 今井 絵美子
書名ヨミ エニシ ノ イト : ユメゾウシ ニンジョウ オカンガジャヤ
シリーズ名 徳間文庫 い50-5
出版元 徳間書店
刊行年月 2012.7
ページ数 301p
大きさ 15cm
ISBN 978-4-19-893572-6
全国書誌番号
22117513
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想