姫路の恨み木綿

鈴木英治 著

播磨原にほど近い茶店で、狼藉を働いていたやくざ者を追い払った仇討ち旅一行。野次馬に混じっていた百姓から、かどわかされた村名主を取り戻してほしいと頭を下げられた俊介らは、どうにも見捨てられず、引き受けることに-。手助けした後、姫路城下へ入った一行は、旅篭の女中から、このところ木綿問屋が立て続けに押し込まれた、と耳にする。その夜更け、妙な気配が漂ってきて…。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 姫路の恨み木綿
著作者等 鈴木 英治
書名ヨミ ヒメジ ノ ウラミ モメン
シリーズ名 若殿八方破れ す13-27
徳間文庫 す13-27
出版元 徳間書店
刊行年月 2012.7
ページ数 390p
大きさ 15cm
ISBN 978-4-19-893561-0
全国書誌番号
22115711
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想