美し国への景観読本 : みんなちがって、みんないい

美し国づくり協会 編著

あらゆるものの価値を肯定する感性を磨き、慈しむ。それぞれの土地の個性と魅力を生かしたまちづくりを探る。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序 災後の風景づくり-美し国みんなちがって、みんないい
  • 対談 景観まちづくりへの基本的視点と今後の取り組み方向を考える-江戸川区での新しい観点
  • 美しさについて
  • 景観と色彩
  • 景観と命と-美し国の実現へ
  • 都市部樹林地を負から富の資産へ
  • 震災復興に景観創造の視点を
  • 景観計画策定の意義をあらためて問う
  • 神戸市岡本桜坂での住宅計画-なぜ斜面地住宅なのか?
  • 東京都の「農の風景育成地区」の取り組み〔ほか〕

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 美し国への景観読本 : みんなちがって、みんないい
著作者等 美し国づくり協会
書名ヨミ ウマシ クニ エ ノ ケイカン トクホン : ミンナ チガッテ 、 ミンナ イイ
書名別名 Umashi kuni e no keikan tokuhon
出版元 日刊建設通信新聞社
刊行年月 2012.6
ページ数 223p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-902611-44-1
NCID BB10479061
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22111280
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想