犯罪哀話

松崎天民 著

[目次]

  • 標題
  • 目次
  • 龜の精の崇り / 1
  • 一、 待合「永樂」の春雨 / 1
  • ニ、 櫻ケ岡神社の傳説 / 6
  • 三、 泉ケ森深夜の秘密 / 10
  • 四、 茂八お高戀の浮名 / 15
  • 五、 銀波樓の情夫殺し / 20
  • 六、 殺人犯が罰金百圓 / 24
  • 七、 金波樓の女中お玉 / 29
  • 八、 辯護の謝禮に戀愛 / 33
  • 九、 行く方不明となる / 38
  • 十、 女の行く道は丸髷 / 42
  • 妾を殺すまで / 47
  • 一、 未決囚から手紙 / 47
  • ニ、 日露戰争の悲劇 / 53
  • 三、 自暴自棄の遊興 / 60
  • 四、 八景坂上の妾宅 / 66
  • 五、 不義者を探ねて / 77
  • 六、 裸體を見た刹那 / 79
  • 七、 出獄後の運命は / 86
  • 毒殺事件の後 / 91
  • 一、 高利貸毒殺の噂 / 91
  • ニ、 本家分家の暗闘 / 102
  • 三、 犯罪裏面の申告 / 108
  • 四、 意外千萬な入獄 / 114
  • 五、 自暴自棄の出奔 / 120
  • 六、 金が敵の世の中 / 127
  • 七、 不幸なる犠牲兒 / 133
  • 下手人は誰ぞ / 141
  • 一、 旅團長邸の殺人 / 141
  • ニ、 殺された小間使 / 146
  • 三、 印半纏の血痕で / 152
  • 四、 有期徒刑で十年 / 158
  • 五、 加害者は邸内に / 162
  • 六、 犠牲に爲つた男 / 169
  • 七、 過ぎ行く月日に / 175
  • 八、 哀れむべき人々 / 180
  • 彼の女の行方 / 187
  • 一、 未見の愛子さん / 187
  • ニ、 お父さんの血潮 / 193
  • 三、 未決へ入るまで / 199
  • 四、 百圓の借金ゆゑ / 204
  • 五、 身を沈めてから / 210
  • 六、 淪落の女になる / 216
  • 七、 密に逃走の覺悟 / 221
  • 八、 東京に復活する / 227
  • 九、 遺傳的の犯罪性 / 233
  • 十、 清かれ正しかれ / 239

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 犯罪哀話
著作者等 松崎 天民
書名ヨミ ハンザイ アイワ
書名別名 Hanzai aiwa
出版元 佐藤出版部
刊行年月 大正5
ページ数 244p
大きさ 20cm
NCID BA71218155
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
42006123
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想