剣侠伝

井本三郎 編著

[目次]

  • 標題
  • 目次
  • 第一 千葉氏祖先大鑒左京之助の事 / 1
  • 第二 大鑒左京之助功名の事 / 5
  • 第三 千葉長作生立の事 / 7
  • 第四 長作十二歳の時父に向つて村民の依頼に從はんことを請ふ / 10
  • 第五 長作父に自己の意思を述ぶ / 18
  • 第六 長作暗夜山崎の刑塲に至る / 20
  • 第七 長作首番人金兵衛を連れて宿へ歸る / 25
  • 第八 長作義によつて村民の耻辱を晴らす / 30
  • 第九 長作十三歳にして諸國武者修業に出づ / 33
  • 第十 長作諸國道塲仕合をなしつつ熊本に至る / 36
  • 第十一 長作富岡知事に邂逅す / 40
  • 第十二 長作柳光流の達人山本氏の道塲に至り仕合す / 44
  • 第十三 長作發奮山本氏を負ます / 47
  • 第十四 渡守の秋藏金貸勘兵衛に呵責せらる / 51
  • 第十五 長作熊本を發し東海道沼久保の渡塲へ差し掛り渡守秋藏の困厄を救ふ / 56
  • 第十六 長作勘兵の暴横を懲らし秋藏の娘に文を連れ戻る / 60
  • 第十七 長作金子を秋藏に興へ娘お文を姻戚の許へ送り届けて沼久保を去る / 64
  • 第十八 長作路金盡きて松野村に滯在し村民の苦情を和解す / 70
  • 第十九 長作東京へ出で山岡鐵舟の家に奉口す / 74
  • 第二十 長作門弟の技を評せしため無理に道塲へ引出さる / 78
  • 第廿一 長作仕合して數多の門弟を負ます / 82
  • 附 鐵舟令息直紀のこと / 87
  • 第廿二 長作新潟縣龍手田知事に從ひ長岡の武道大會に臨み警察の師範渡邊と仕合を爲す / 87
  • 第廿三 長作麻布歩兵第一聯隊入營中の椿事 / 89
  • 第廿四 甲府櫻座に於ける撃劍大會の盛大な嫉み顏役佐藤某脅迫に來る / 96
  • 第廿五 甲府龍馬亭に於て長作と佐藤との大喧嘩 / 100
  • 第廿六 長作一刀を振ふて群衆中に飛び入り博徒の膽を奪ふ / 104
  • 第廿七 豫備召集を受け戰地に赴かんとして病床の母に別る / 107
  • 第廿八 横濱滯在中に於ける艶話 / 112
  • 第廿九 惡黨に欺かれて鹿兒島に到る / 117
  • 第三十 長作の堪忍醉漢に詫る / 122
  • 第卅一 日露戰爭始まるや率先して拔刀隊を願い出づ / 131
  • 第卅二 拔刀隊の許可なきを聞き翻然防彈具の發明をなし日本防彈具株式會社を起す / 134
  • 第卅三 日本武道會の發展を謀る / 140
  • 附 種々の武塲を起し大會を開く及防彈具の改造 / 140
  • 第卅四 臺灣總督府の命により渡臺し防彈具の成功を齎らして歸京す / 142
  • 武道私見 / 149
  • 武道觀念 / 153
  • 劍道、法定形、八相 / 166

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 剣侠伝
著作者等 井本 三郎
井本 三郎 剣道
書名ヨミ ケンキョウデン
書名別名 Kenkyoden
出版元 兵事雑誌社
刊行年月 大正2
ページ数 169p
大きさ 19cm
全国書誌番号
42006649
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想