豪雨の災害情報学

牛山素行 著

[目次]

  • 第1章 豪雨災害と災害情報に関する基礎的概念
  • 第2章 73年前にもあった豪雨-1999年6月29日広島豪雨災害
  • 第3章 認知されない・使われないリアルタイム水文情報
  • 第4章 リアルタイム水文情報の具体的活用例を初確認-2003年7月梅雨前線豪雨による災害
  • 第5章 情報による減災効果の限界-2004年10月20〜21日の台風23号による豪雨災害
  • 第6章 避難により人的被害はまぬがれたが-2005年台風14号による宮崎県日之影町での被害軽減事例
  • 第7章 災害情報研究のこれから-まとめに代えて
  • 第8章 「豪雨の災害情報学」その後

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 豪雨の災害情報学
著作者等 牛山 素行
書名ヨミ ゴウウ ノ サイガイ ジョウホウガク
出版元 古今書院
刊行年月 2012.7
版表示 増補版.
ページ数 191p
大きさ 21cm
ISBN 978-4-7722-3144-2
NCID BB09593569
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22134366
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想