病院でほんとうにあった怖い話

OFFICE-SANGA 編著

必死に祈るユタの声、頭上に浮かぶ見知らぬ男の顔、廃病院を闊歩する謎の影…。決して見えないはずの何かがそこにいる。聞こえるはずのない人の声がこだまする。そこは人の命を救う病院。同時に、毎日多くの人が天に召される場所でもある。突然、身に降りかかった交通事故。昨日まで健康だったのに、急に起きた発作による容体の急変。そこに渦巻く思念は決して軽々しく語れるものではないのだ。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 病院の伝説(父の死を看取った猫
  • 深夜のロビーを襲う生ぬるい妖気 ほか)
  • 第2章 入院病棟の径(母の病室を毎夜訪ねて来た少女
  • ウガミサーの赤いしるし ほか)
  • 第3章 深夜の病院(真夜中の密会?恋する男女の幽霊
  • 深夜の病院、地下通路に現れた死んだ老婆 ほか)
  • 第4章 霊安室の事件簿(死者の眼が開く!深夜の霊安室
  • 「足りない…」ユタが語った亡き父の言葉 ほか)
  • 第5章 廃病院の径(呪われた陸軍病院
  • 廃医院の窓辺に佇む死んだ院長の幽霊 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 病院でほんとうにあった怖い話
著作者等 オフィスサンガ
Office-Sanga
OFFICE‐SANGA
書名ヨミ ビョウイン デ ホントウ ニ アッタ コワイ ハナシ
シリーズ名 宝島SUGOI文庫 Bお-1-2
出版元 宝島社
刊行年月 2012.7
ページ数 253p
大きさ 16cm
ISBN 978-4-7966-8552-8
NCID BB10737156
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22098223
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想