刑事訴訟法講義

福井厚 著

裁判員・検察審査員(市民)の刑事司法への参加の意義を高調すると共に、犯罪被害者の手続参加と当事者主義との関係を理論的に整理。法改正(電磁的記録の捜索・差押え、公訴時効制度、公開主義の制限)に対応し、最高裁判例の動向にも目配りした最新版。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序論 刑事訴訟法の意義と目的
  • 第1編 訴訟の主体
  • 第2編 起訴前手続
  • 第3編 公訴
  • 第4編 公判手続
  • 第5編 救済手続
  • 第6編 裁判の執行
  • 第7編 特別手続
  • 第8編 付随手続
  • 第9編 刑事手続における犯罪被害者

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 刑事訴訟法講義
著作者等 福井 厚
書名ヨミ ケイジ ソショウホウ コウギ
出版元 法律文化社
刊行年月 2012.6
版表示 第5版.
ページ数 514,25p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-589-03427-4
NCID BB09540992
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22133958
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想