本当は怖い百人一首

日本博識研究所 著

奈良時代から鎌倉時代まで、およそ600年に生まれ死んだ100人の歌人たち。彼らが遺した歌には、きらびやかな平安貴族文化の裏のどす黒い情念がひそんでいた。「鬼と化した仲麻呂」「陽成天皇のご乱行」「慈円の祟り」「儀同三司母・かつての恋人への神罰を願った歌」「右近・幸せの絶頂に暗い未来を予言した歌」「密かに思い合っていた恋人への鎮魂」など、百人一首の負の側面に迫る。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 本当は怖い百人一首の歌人たち(恩人の無念を鎮めるために…-百人一首にひそむ後鳥羽上皇に向けたメッセージ
  • 愛する人の鎮魂のために…-式子内親王に手向けたもうひとつのメッセージ ほか)
  • 第2章 本当は怖い「宮廷生活」(愛憎うずまく伏魔殿・後宮-百人一首の歌人たちが恋をし、歌を詠んだ世界
  • 血を忌み嫌う宮廷-中宮といえど宮中にいられるのは妊娠3カ月まで ほか)
  • 第3章 本当は怖い「宮廷恋愛事情」(天智天皇-古代の英傑天皇が弟の妻を略奪!
  • 元良親王-第一親王なのに即位できない怒りで女狂いに ほか)
  • 第4章 本当は怖い「恋の歌」(第三番柿本人麻呂-手の届かぬ権力者を想った歌
  • 第九番小野小町-老いの残酷さを儚んだ歌 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 本当は怖い百人一首
著作者等 日本博識研究所
書名ヨミ ホントウ ワ コワイ ヒャクニン イッシュ
シリーズ名 百人一首 Dに-5-1
宝島SUGOI文庫 Dに-5-1
出版元 宝島社
刊行年月 2012.7
ページ数 221p
大きさ 16cm
ISBN 978-4-7966-9961-7
NCID BB10609316
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22134394
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想