「記憶違い」と心のメカニズム

杉森絵里子 著

外出した先で家の鍵をかけたか不安になる、言った・言わないで家族と大喧嘩…誰もが日常に経験するこうした「記憶違い」はどのようにして起こるのだろうか?また、私たちは「記憶違い」が引き起こす数々の問題とどう付き合って行けばよいのだろうか?自己の体験、行動に関わるインプットモニタリング/アウトプットモニタリングのメカニズムにおける"時間判断"に着目した最先端の認知科学実験で、この謎を科学的に解き明かす。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1章 「記憶違い」の科学(ソース判断とそのエラー
  • リアリティ判断とそのエラー ほか)
  • 2章 「以前に見たはず」-インプットモニタリングとそのエラーのメカニズム(一般的なインプットモニタリング研究の実験パラダイム
  • 時間判断を組み込んだ新しい実験パラダイム ほか)
  • 3章 「あれ、きちんと済ましたっけ?」-アウトプットモニタリングとそのエラー(先行研究の三つの実験パラダイムの問題点
  • インプットモニタリング研究の実験パラダイムを利用した発話アウトプットモニタリング研究 ほか)
  • 4章 「記憶違い」のメカニズム-インプットモニタリングエラー・アウトプットモニタリングエラーのまとめ(インプットモニタリングとアウトプットモニタリングの共通点
  • インプットモニタリングとアウトプットモニタリングの相違点 ほか)
  • 5章 「記憶違い」研究の未来-個人差(ポジティブな人とネガティブな人-妄想様傾向の個人差とインプットモニタリング
  • 聞こえてくる声と心の声の区別が得意な人と苦手な人-幻聴様体験の個人差とインプットモニタリング ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 「記憶違い」と心のメカニズム
著作者等 杉森 絵里子
書名ヨミ キオク チガイ ト ココロ ノ メカニズム
シリーズ名 プリミエ・コレクション 17
出版元 京都大学学術出版会
刊行年月 2012.6
ページ数 130p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-87698-213-4
NCID BB09464792
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22134270
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想