元陸軍中将遠藤三郎の肖像 : 「満州事変」・上海事変・ノモンハン事件・重慶戦略爆撃

吉田曠二 著

敗戦後の日本で非戦平和運動の闘士として知られる遠藤三郎(一八九三〜一九八四)は、日本陸軍の知将・勇将であった。本書は遠藤が記録し所蔵していた「満洲事変」以前からの日記と関東軍の機密資料を駆使して、彼の軍人時代の思想を解明することを試みたものである。彼は関東軍の戦略指導部として、「満洲」北部の永久地下要塞の築城や第七三一部隊の細菌兵器の開発にも関与し、対ソ作戦案としては速戦速決を提言していた。巻末には、「満洲事変」直後の関東軍のかかわりを記録した日記「満洲事変中渡満日誌」と、関東軍司令官と「満洲国」執政溥儀との往復書簡や日満議定書締結前後の資料などを数点収録した。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 若き遠藤三郎-激動の「満洲事変」への道(学習時代と関東大震災の体験
  • フランス留学-学習とロマンス
  • 「満洲事変」へのプレリュード)
  • 第2部 「満洲事変」とその波紋-陰謀と暴走の渦中で(遠藤の「満洲事変中渡満日誌」にみる関東軍の秘密
  • 関東軍の戦略爆撃と北満出兵
  • 戦火、さらに上海へ-抗日運動の嵐
  • 遠藤三郎、七了口上上陸作戦を立案
  • 上海事変-農民の記憶と二つの後遺症
  • 遠藤三郎、関東作戦主任参謀として「満州国」に赴任
  • 「日満議定書」の調印と密約協定
  • 熱河省計略計画-準備から発動へ
  • 関東軍の対ソ作戦=永久地下要塞の構築(一九三三〜一九三六)
  • 二・二六事件とその後遺症
  • 遠藤三郎の対ソ戦術論(一九三六年:陸軍大学請授録))
  • 第3部 日中全面戦争-指揮官としての遠藤三郎(近衛内閣と蒋介石、毛沢東の戦略
  • 部隊長として最前線へ
  • ノモンハン事件と遠藤三郎
  • 第三飛行団と重慶無差別爆撃)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 元陸軍中将遠藤三郎の肖像 : 「満州事変」・上海事変・ノモンハン事件・重慶戦略爆撃
著作者等 吉田 曠二
アルヒーフ
書名ヨミ モト リクグン チュウジョウ エンドウ サブロウ ノ ショウゾウ : マンシュウ ジヘン シャンハイ ジヘン ノモンハン ジケン ジュウケイ センリャク バクゲキ
出版元 すずさわ書店
刊行年月 2012.6
ページ数 503,6p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-7954-0280-5
NCID BB0979714X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22134666
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想