変貌する沖縄離島社会 : 八重山にみる地域「自治」

杉本久未子, 藤井和佐 編

離島にみる日本の地域社会の課題。生業・地域自治組織・人口変動・地価・エコツーリズム・国際関係・介護制度から伝統文化の継承まで、多角的に分析。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 離島の「文化」と地域力(現代与論島に見る地域住民組織の社会的現実-琉球と薩摩の間で
  • 地域におけるナショナルなもの-与那国の対外戦略
  • 離島における地域課題の解決方途としてのガバナンス-鳩間島の島興しを事例として
  • 伝統行事、祭祀の継承と地域の持続性-波照間島の学校の取り組みを事例として ほか)
  • 第2部 離島社会を解読する(八重山群島における人口変動と離島振興事業
  • 石垣市における移住ブーム-地価・経済分析を中心に
  • 沖縄離島の高齢者を支える公的制度-八重山圏域の介護保険料較差を検討する
  • 沖縄における自治公民館と公民館事業の展開-「最大動員システム」による人材育成の課題 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 変貌する沖縄離島社会 : 八重山にみる地域「自治」
著作者等 杉本 久未子
藤井 和佐
書名ヨミ ヘンボウ スル オキナワ リトウ シャカイ : ヤエヤマ ニ ミル チイキ ジチ
出版元 ナカニシヤ
刊行年月 2012.6
ページ数 249p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-7795-0623-9
NCID BB09619301
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22136814
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想