叢書児童文化の歴史  2

加藤 理;川勝 泰介;浅岡 靖央【編】

[目次]

  • 1 昭和前期の「児童文化」状況(「児童文化」の登場
  • 放送と紙芝居
  • 綴り方教育と児童文化
  • 民俗学と児童文化)
  • 2 戦時統制下の児童文化論(児童読み物の統制
  • 戦時統制下の児童文化論
  • 少国民文化論)
  • 3 児童文化の再出発(逸見十郎「児童文化運動と教師の立場」
  • 羽仁説子「児童文化の前進」
  • 周郷博「児童文化の理念と反省」
  • 文部省児童文化文科審議会編『解説 児童憲章』抄
  • 文部省社会教育局『全国児童文化会議参考資料』抄
  • 松葉重庸『児童文化概論』抄
  • 神崎清「児童文化政策」)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 叢書児童文化の歴史
著作者等 加藤 理
川勝 泰介
浅岡 靖央
書名ヨミ ソウショ ジドウ ブンカ ノ レキシ
書名別名 児童文化と学校外教育の戦中戦後
巻冊次 2
出版元 港の人
刊行年月 2012.6
ページ数 581p
大きさ 21cm
ISBN 978-4-89629-247-3
NCID BB0950090X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22090208
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

著作名 著作者名
『こども風土記』抄 柳田國男
『児童文化概論』抄 松葉重庸
『全国児童文化会議参考資料』抄 文部省社会教育局
『解説児童憲章』抄 文部省児童文化分科審議会
児童文化と国民文化 城戸幡太郎
児童文化と国語教育 滑川道夫
児童文化と学校外教育の戦中戦後 加藤理, 川勝泰介, 浅岡靖央
児童文化と放送教育 城戸幡太郎
児童文化と教師の問題 村山俊太郎
児童文化と民俗学 倉田一郎
児童文化に関する覚書 佐伯郁郎
児童文化の再出発
児童文化の前進 羽仁説子
児童文化の擁護出版界よ覚醒せよ! 大島弘夫
児童文化の新出発 情報局
児童文化の現段階 菅忠道
児童文化の理念と反省 周郷博
児童文化を語る〈座談会〉 波多野完治
児童文化政策 神崎清
児童文化運動と教師の立場 逸見十郎
児童文化運動の史的展望 菅忠道
児童文化運動の近況 戸塚廉
児童読物改善ニ関スル内務省指示要綱 内務省
国民学校・少年団・児童文化 松永健哉
少国民文化論 阿部仁三
少国民文化運動と学校教育 周郷博
幼少年少女雑誌改善に関する答申案 小川未明
戦時統制下の児童文化論
新しい児童文化の創造と建設 槇本楠郎
新児童文化の体制 波多野完治
日本児童文化論 浅野晃
日本少国民文化協会の使命 小野俊一
日本少国民文化協会の設立について 上田俊次
日本少国民文化協会の設立まで 佐伯郁郎
昭和前期の「児童文化」状況
校外教育と少国民文化 波多野完治
校外生活と児童文化問題 松永健哉
綴方教師から文化技術者へ 国分一太郎
農村に於ける児童文化の問題 鈴木道太
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想