茶の湯と音楽

岡本文音 著

[目次]

  • 序章 茶の湯の音楽-音楽という用語とその概念(中国における「音楽」
  • 古代日本における「音楽」 ほか)
  • 第1章 茶の湯と能楽-茶会記に登場する能楽者たち(観世
  • 金春 ほか)
  • 第2章 「峯すり」考-『南方録』における「峯すり」の表現するズレの考察(曲尺割
  • 絵図のなかのスリ ほか)
  • 第3章 「五音ノ湯アヒ」考-茶の湯の釜の煮え音をめぐって(『南方録』における火相と湯相による茶の湯論
  • 五音ノ湯アヒ)
  • 第4章 茶の湯の音-『日本教会史』における「市中の山居」糸口にして(市中の山居
  • 沈黙の音楽 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 茶の湯と音楽
著作者等 岡本 文音
書名ヨミ チャ ノ ユ ト オンガク
書名別名 Cha no yu to ongaku
出版元 思文閣
刊行年月 2012.6
ページ数 348,16p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-7842-1606-2
NCID BB09504059
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22135039
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想