くるひ花 : 告白悲劇

森野翠泉 著

[目次]

  • 標題
  • 目次
  • 一 銚子の春 其一 思ひ出し笑ひ / 1
  • 二 仝 其二 怨む眼の恐ろしく / 9
  • 三 仝 其三 俺の愛は腕と事業 / 17
  • 四 仝 其四 確と抱き合ひ / 25
  • 五 舊家の存在 其一 其視線を避ける / 33
  • 六 仝 其二 女郎にでも賣つて / 42
  • 七 仝 其三 唇に酒瓶をつけ / 49
  • 八 煤煙の深川 其一 店の那魔にならア / 57
  • 九 仝 其二 出て貰ひ度い / 66
  • 十 落葉の頃 其一 横着な男で / 76
  • 十一 仝 其二 肌寒ひ感じ / 84
  • 十二 仝 其三 制裁するのだ / 92
  • 十三 思ひのまま 其一 倫落女のよくする / 102
  • 十四 仝 其二 仰ぐ眼のけはしく光る / 110
  • 十五 現つ世 其一 巡査に引き渡せ / 120
  • 十六 仝 其二 社會の爲めだ / 128
  • 十七 仝 其三 泣く娘より悲痛 / 135
  • 十八 仝 其四 僕が案内しませう / 144
  • 十九 仝 其五 温かい他人の情 / 152
  • 二十 仝 其六 親孝行はして置く / 160
  • 二十一 仝 其七 退いて貰ひ度い / 168
  • 二十二 發狂 其一 たとへ火の中 / 176
  • 二十三 仝 其二 俺の怨みでも / 183
  • 二十四 仝 其三 憎い女だ / 193
  • 二十五 生活難 其一 お米が無い / 201
  • 二十六 仝 其二 我輩が解決して / 209
  • 二十七 仝 其三 娘へ頬ずりして / 216
  • 二十八 流水 其一 親の誤つた敎育 / 224
  • 二十九 仝 其二 空蝉のやうに / 233
  • 三十 仝 其三 荒れに暴れて / 242
  • 三十一 酒から 其一 太公望と貴郎とは / 252
  • 三十二 仝 其二 樂屋の夫婦喧嘩 / 261
  • 三十三 仝 其三 まア呆れた脅迫 / 271
  • 三十四 仝 其四 當が放れて / 283
  • 三十五 仝 其五 仙香や花を / 294
  • 三十六 仝 其六 婆さなら我輩は / 303
  • 三十七 仝 其七 酒に秘を包むで / 312
  • 三十八 行衛 其一 何處へ / 323
  • 三十九 仝 其二 二度目の刀を / 331
  • 四十 初霜 其一 夕刊賣の娘 / 342
  • 四十一 仝 其二 汝は靜子にて / 351
  • 四十二 仝 其三 泣かしてくれるな / 360
  • 四十三 曙光 完 ひとりの利益ぢや無い / 368

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 くるひ花 : 告白悲劇
著作者等 森野 翠泉
書名ヨミ クルイバナ : コクハク ヒゲキ
出版元 一書堂
刊行年月 大正5
ページ数 378p
大きさ 19cm
全国書誌番号
42006066
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想