企業成長と制度進化 = Institutional Evolution and the Growth of Firms : 戦前電力産業の形成

朝岡大輔 著

草創期から確立期における電力産業のケーススタディを基に、イノベーションと財務判断、そして公共政策の進展が、企業の成長に与える影響を詳細に分析。今日のエネルギー政策にも貴重な示唆を与える。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 基本的なフレームワーク
  • イノベーションと財務判断-初期のケース
  • 財務判断の実証分析(M&Aの判断
  • 資本構成の決定)
  • 技術‐制度進化のコヒーレンシー
  • 戦時中の統合と戦後の分割
  • イノベーション政策上の示唆

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 企業成長と制度進化 = Institutional Evolution and the Growth of Firms : 戦前電力産業の形成
著作者等 朝岡 大輔
書名ヨミ キギョウ セイチョウ ト セイド シンカ : センゼン デンリョク サンギョウ ノ ケイセイ
書名別名 Institutional Evolution and the Growth of Firms

Kigyo seicho to seido shinka
出版元 NTT
刊行年月 2012.6
ページ数 239p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-7571-2298-7
NCID BB09644455
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22133953
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想