メディアと活性

細谷修平 編

1960年代末のヴィデオ登場からその後の電子テクノロジーの氾濫の中で、メディアと空間/社会運動はどのように交差し、思考・実践されてきたか。上映運動、市民メディア、サイバースペース、メディアと自律、開かれる場所、そして、メディア・アクティヴィズムとはなにか。-いま、現場から試行する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 自主メディアの夜明け
  • ペーパータイガーTVと日本のメディア運動
  • 市民メディアの勃興、挫折、現在
  • ネットアクティヴィズムとは何か
  • 身体的メディアの実践
  • ネットでの動画配信の発展と課題

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 メディアと活性
著作者等 細谷 修平
メディアアクティビスト懇談会
書名ヨミ メディア ト カッセイ
書名別名 What's media activism?
出版元 インパクト出版会
刊行年月 2012.6
ページ数 255,3p
大きさ 21cm
ISBN 978-4-7554-0223-4
NCID BB09653580
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22135216
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想