超空母時代 : 日米土竜決戦

齊藤拓樹 著

「はあ…、本職ここに唖然たり、ですなぁ」昭和一二年一月、平賀造船中将は、時の海軍次官・山本五十六の提案に絶句した。山本が、潜航可能な大型空母-すなわち、巨大潜水空母の建造を打診したのだ。渋る平賀を強引に説き伏せた山本は、日米開戦を目前にして、前代未聞の画期的潜水空母、「翔鶴」と「瑞鶴」の竣工にこぎ着けた。一方、航空機部門では、独フォッケウルフ社と提携した川西航空機が、火薬発動機搭載、四〇ミリ機銃装備という、まったく新しいコンセプトの新型機-対艦戦闘機「暁」の開発に成功する。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 超空母時代 : 日米土竜決戦
著作者等 齊藤 拓樹
書名ヨミ チョウクウボ ジダイ : ニチベイ モグラ ケッセン
書名別名 Chokubo jidai
シリーズ名 歴史群像新書 355
出版元 学研パブリッシング
学研マーケティング
刊行年月 2012.7
ページ数 227p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-05-405375-5
全国書誌番号
22130550
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想