プロセスにこそ価値がある

村山昇 著

実力主義・成果主義が取り入れられて以来、弱くなる一方の日本経済。あなたもいつの間にか、結果だけで一喜一憂していないだろうか?正しいプロセスで仕事を進めれば、実力が大きく養われ仕事をする「意義」を毎日実感でき、いつか訪れる「本当の成功」を、心豊かに待てるようになる。日本の職場の制度疲労を知り尽くす人財教育コンサルタントが贈る毎日の仕事が楽しくなる新しい思考法。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 「結果とプロセス」どちらが大事か
  • 第1章 「人をつくる」のはプロセス
  • 第2章 結果主義偏重の行き先
  • 第3章 「プロセスはウソをつかない」
  • 第4章 「よいプロセス」の育み方
  • 第5章 プロセスは「意味」と「結果」によって報われる
  • 終章 結局、「仕事の幸せ」とはなんだろう?

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 プロセスにこそ価値がある
著作者等 村山 昇
書名ヨミ プロセス ニ コソ カチ ガ アル
書名別名 Purosesu ni koso kachi ga aru
シリーズ名 メディアファクトリー新書 052
出版元 メディアファクトリー
刊行年月 2012.6
ページ数 221p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-8401-4617-3
NCID BB10097076
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22133810
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想