学校の復活 : 「授業仕分け論」と「組織成長論」の提言

長岡廣通 著

「岐路」の中から「攻め」の道を選択して「危機」を乗り越えたい。伝統と現実の融合による新たな学校の創造。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 岐路に立つ小学校(小学校が揺れている
  • 小学校のあるべき姿を考える
  • 岐路を乗り越えるには)
  • 第2章 これからの授業を考える(授業の原点と今昔
  • 授業力=教育課程経営力を高める
  • 下庄小学校で考えたこと)
  • 第3章 「授業名人」を創る授業仕分け論(「授業仕分け論」の提言
  • 「授業仕分け論」で授業名人へ
  • 「授業仕分け論」と各学校の教育課程)
  • 第4章 「攻め」の学校を創る組織成長論(学校組織をチームへ
  • チームを柔軟に運用する
  • チーム力で推進する校内授業研究
  • チーム力が試される危機管理
  • 「ゆったりチーム」で進める学社連携・融合)
  • 第5章 教師の誇りと学校の復活(学校の復活と創造に挑戦しよう
  • 地域内の学校の協働化と教育委員会
  • 教師の誇りの復活と学校の復活)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 学校の復活 : 「授業仕分け論」と「組織成長論」の提言
著作者等 長岡 廣通
書名ヨミ ガッコウ ノ フッカツ : 「 ジュギョウ シワケロン 」 ト 「 ソシキ セイチョウロン 」 ノ テイゲン
出版元 梓書院
刊行年月 2012.6
ページ数 201p
大きさ 21cm
ISBN 978-4-87035-455-5
NCID BB09456615
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22111978
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想