新体少女書翰文

河井酔茗 著

[目次]

  • 標題
  • 目次
  • 少女書簡文
  • 一月
  • 鶯を送る / 1
  • 歌留多會に招く / 3
  • 出産を促す / 5
  • 感胃に罹りて / 6
  • 返事 / 8
  • 友人を紹介す / 10
  • 觀劇に誘はれしに答ふ / 11
  • 雪割草を貰ひて / 13
  • 繪葉書を集めとて / 15
  • 投書の當選したる人に / 16
  • 雪國より / 18
  • 小包みに添へて / 22
  • 千枚漬の禮 / 24
  • 松取りし日に / 25
  • 初刷を送る / 27
  • 新年會に招く / 28
  • 年賀状 / 29
  • 二月
  • スケートに誘ふ / 34
  • 雪の降る日 / 36
  • 雑誌の欠本を求む / 38
  • 紅梅に添へて / 40
  • 白梅に添へて / 41
  • 出産祝ひ / 43
  • 肩揚げを下さんとして / 46
  • 温泉より / 48
  • 淨瑠璃を聴いて / 51
  • 聞合わせの返事 / 53
  • 廻覽雑誌に加入を勸む / 57
  • 毛布の注文を受けて / 59
  • バザーに來會を勸む / 60
  • 寒風の吹く日に / 63
  • 月末に / 64
  • 雛祭に招く / 67
  • 雛祭に招かれし禮 / 68
  • 草花の種子を乞ふ / 69
  • 彼岸のお重に添へて / 71
  • 菫を封じて / 72
  • 和歌の會を催ふさんといて / 74
  • 學課の質問 / 77
  • 暖かな晩に / 78
  • 田舎の乳母へ / 81
  • 少女會に誘ふ / 84
  • 對話の相談 / 85
  • 稿帖を拵へるに就いて / 87
  • 朝鮮に行く友に / 89
  • 木の芽ふく頃 / 91
  • 卒業を報ず / 95
  • 卒業を賀す / 97
  • 結婚を祝す / 99
  • 四月
  • 新入学を報ず / 105
  • 花見に誘ふ / 109
  • 花見を斷わる / 112
  • 摘草に誘ふ / 114
  • 摘草の翌日 / 116
  • 潮干に誘ふ / 117
  • 返事 / 119
  • 飛行機を見て / 120
  • 洋行する先生に / 122
  • 初めての交際を求む / 124
  • 平家物語を讀みて / 126
  • 小さな町より / 129
  • 犬の子を貰ひ手を問合す / 131
  • お浚ひの打合わせ / 132
  • 忘れたる舞扇に添へて / 133
  • 櫻咲く窓の下より / 135
  • 船の中にて / 138
  • 春の書に / 138
  • 五月
  • 端午のお祝い / 142
  • 柏餅を貰ひし禮 / 143
  • 新茶を贈る / 145
  • コスモスの苗を乞う / 146
  • コスモスの苗を添へて / 147
  • 若葉の頃に / 148
  • 音樂會の誘ふ / 152
  • 新聞の切拔を頼む / 154
  • 料理會の通知 / 154
  • 奉公先より妹に / 156
  • 花瓶借用 / 160
  • 時計の修繕を頼む / 161
  • 過言を謝す / 162
  • 職業に就きたる姉に / 184
  • 森の中にて / 167
  • 螢籠の添へて / 169
  • 眠氣ざましに / 171
  • 六月
  • 白百合に添へて / 174
  • 田植えの手傅ひを頼む / 175
  • 時鳥を聽きて / 176
  • 思わぬ人に會ひし事を / 178
  • 此頃の日記を / 182
  • 梅雨の頃に / 193
  • 返事 / 195
  • 晩餐會に招く / 198
  • 髪結を頼む / 200
  • 別れて後 / 201
  • 出京後の様子を報ず / 205
  • 嫁ざし友へ / 210
  • 七月
  • 七夕の夜に / 212
  • 雨傘を返すとて / 215
  • 夏帽の買求めを頼む / 216
  • 數入して / 218
  • 田舍の盆 / 221
  • 海水浴に誘ふ / 224
  • お土産を頼む / 227
  • 旅行に誘ふ / 230
  • 旅行の問合せ / 233
  • 卒業したる兄に / 239
  • 玉蜀黍を贈る / 241
  • 暑中休暇の日課を報ず / 243
  • 返事 / 245
  • 八月
  • 葉山より / 250
  • 湖畔より / 257
  • 富士の麓より / 261
  • 舞子の濱より / 262
  • 別府より / 264
  • 旅に在る友に / 266
  • 歸省して / 268
  • 歸省中の様子を / 272
  • 書中見舞 / 275
  • 返事 / 277
  • 汽車の不通を報ず / 279
  • 洪水見舞 / 282
  • 返事 / 285
  • 休暇日記を添へて / 289
  • 凉みに誘ふ / 291
  • 九月
  • 新學期の初めに / 294
  • 葡萄の禮 / 297
  • 年忌に招く / 298
  • 萩見に誘ふ / 299
  • 負傷して / 302
  • 暴風見舞 / 304
  • 返事 / 307
  • 生花の先生に / 309
  • 病氣見舞 / 311
  • 雑誌の交換を望む / 314
  • 月明の頃に / 316
  • ダリヤに添へて / 324
  • 糸瓜の水を贈る / 325
  • 遠足に誘ふ / 329
  • 讀書會の廻章 / 330
  • コスモスに添へて / 331
  • 寄宿舎より / 334
  • 友の死を報ず / 337
  • 悔み / 341
  • 郊外寫生に赴いて / 344
  • 柿を贈る / 346
  • 秋晴の日に / 348
  • 秋雨降る夜に / 352
  • 蝶の羽を封じて / 357
  • 蟲を放ちやりて / 360
  • 松茸の禮 / 363
  • 任地の父に / 365
  • 運動會に招く / 369
  • 繪畫展覧會に誘ふ / 370
  • 十一月
  • 白菊に添へて / 374
  • 返事 / 376
  • 稲刈時に / 378
  • 林檎の禮 / 379
  • 書物を返す / 381
  • 文章の添削を乞う / 383
  • 地震見舞 / 386
  • 返事 / 387
  • 返り花を封じて / 389
  • 故郷の祖母さんに / 391
  • 寫眞を送る / 393
  • 返事 / 396
  • 貸家を知らす / 398
  • 轉居報知 / 402
  • 温室借用 / 404
  • 紅葉見の樣子を / 406
  • 十二月
  • 落葉焚く日 / 410
  • 歳暮大賈出しの模樣を / 413
  • 火事見舞 / 414
  • 返事 / 416
  • 指環の見立てを頼む / 419
  • 父に代りて / 420
  • 久しく便りせぬ友に / 421
  • 水仙に添へて / 423
  • 文反古を燒いて / 424
  • 出席を斷る / 427
  • 初雪の降りし日に / 428
  • 時雨降る日に / 429
  • 餅を贈る / 431
  • 歳の暮に / 433
  • クリスマスに / 437
  • 暮の買物を頼む / 439
  • 除夜に / 440

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 新体少女書翰文
著作者等 河井 酔茗
書名ヨミ シンタイ ショウジョ ショカンブン
出版元 博文館
刊行年月 大正1
ページ数 442p
大きさ 19cm
全国書誌番号
42007134
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想