死霊解脱物語聞書 : 江戸怪談を読む

残寿 著 ; 小二田誠二 解題・解説

後妻の娘にとり憑いた累(かさね)の怨霊は、自分を殺した夫の悪事を告発し、犯罪を見過ごしてきた村落を震えあがらせた。前代未聞の死霊憑依事件に挑んだ僧・祐天。近世初期の農村で実際に起きた死霊と人間とのドラマがここによみがえる。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 死霊解脱物語聞書 上(累が最後之事
  • 累が怨霊来て菊に入替る事
  • 羽生村名主年寄累が霊に対し問答の事
  • 菊本服して冥途物語の事
  • 累が霊魂再来して菊に取付事
  • 羽生村の者とも親兄弟の後生をたつぬる事)
  • 死霊解脱物語聞書 下(累が霊亦来る事附名主後悔之事
  • 祐天和尚累を勧化し給ふ事
  • 菊人々の憐を蒙る事
  • 石仏開眼の事
  • 顕誉上人助か霊魂を弔給ふ事
  • 菊が剃髪停止の事)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 死霊解脱物語聞書 : 江戸怪談を読む
著作者等 小二田 誠二
残寿
書名ヨミ シリョウ ゲダツ モノガタリ キキガキ : エド カイダン オ ヨム
書名別名 Shiryo gedatsu monogatari kikigaki
出版元 現代書館
白澤社
刊行年月 2012.7
ページ数 174p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-7684-7941-4
NCID BB09984282
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22133774
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想