出雲大社

千家尊統 著

古代日本の代表的神社、神話の国「出雲」の中心-「出雲大社」。国造りの子孫が連綿と宮司を勤めてきたのはなぜか。「古伝新嘗祭」「火継式」「真の神事」。大社造の本殿はなにを語るか。第82代国造の前宮司が初めて全貌を公開。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 「出雲」の大社
  • 八岐の大蛇とスサノオノミコト
  • 宝剣の出現と出雲大社
  • スサノオノミコトと大国主神
  • 出雲創世神話の世界
  • 二つの古代出雲勢力圏
  • 大国主神の聖婚
  • 出雲大社のまつり
  • 古式のこる御社殿
  • 境内と境外の社たち
  • 出雲の国造
  • 神火の相続-火継式
  • 注目すべき古伝新嘗祭
  • 出雲国造神賀詞
  • 出雲大社教

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 出雲大社
著作者等 千家 尊統
書名ヨミ イズモ タイシャ
書名別名 Izumo taisha
出版元 学生社
刊行年月 2012.6
版表示 第3版.
ページ数 261p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-311-40728-4
NCID BB09789130
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22134094
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想