異端力 : 規格外の人物が時代をひらく

町田宗鳳 著

先行きの見えない経済不況、東日本大震災を経て、日本はいま閉塞感に包まれている。なぜ、リスクを取り、過去を捨てて変われないのか。その最大の壁は「常識」だ。いま必要とされているものは、孤立を恐れず、常識を破る力、すなわち「異端」の力である。古今東西の歴史を紐解けば、この異端力こそが歴史のページをめくってきた。キリスト、ガリレオ、龍馬、ジョブズ…みんな異端だった。なかでも日本仏教の歴史はその最たるものである。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 歴史のページは「異端」がめくる-宗教・政治・科学を変えた「型破り」の効用(型を破るには型を知りつくせ
  • 創造的な人が高学歴でないのはなぜか ほか)
  • 第2章 日本仏教を発展させた異端の力(日本仏教は異端の歴史
  • 危険人物だった聖徳太子 ほか)
  • 第3章 異端は人間社会の宝物(中世キリスト教の異端審問と魔女狩り
  • 神さまに近づきすぎた異端たち ほか)
  • 第4章 自分の中の異端力を高めよう(自分で診断できる「異端度」
  • 人生は本音と建前のバランスが大事 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 異端力 : 規格外の人物が時代をひらく
著作者等 町田 宗鳳
書名ヨミ イタンリョク : キカクガイ ノ ジンブツ ガ ジダイ オ ヒラク
シリーズ名 祥伝社新書 283
出版元 祥伝社
刊行年月 2012.7
ページ数 220p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-396-11283-7
NCID BB09643827
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22135534
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想