美母神礼賛 = Praise be to the Goddesses of Beauty and Mother : ヴィーナス〈地母神〉から聖母へ美の巡礼 : 美の巡礼

高草茂 著

人はなぜ、美しい神の像を求めたのか?祈りに宿る美の真実に迫る。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 神は神、人は人か
  • 2 生と死の狭間に在って
  • 3 神を畏れぬ美しき王妃たち
  • 4 献身する聖なる姿
  • 5 姿は見えず だが、その言葉は美しい
  • 6 キリスト教にみる図像-究極の美へ
  • 7 "神は人々と共にこの地上に在す"

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 美母神礼賛 = Praise be to the Goddesses of Beauty and Mother : ヴィーナス〈地母神〉から聖母へ美の巡礼 : 美の巡礼
著作者等 高草 茂
書名ヨミ ビボシン レイサン : ヴィーナス チボシン カラ セイボ エ ビ ノ ジュンレイ : ビ ノ ジュンレイ
書名別名 Praise be to the Goddesses of Beauty and Mother
出版元 里文
刊行年月 2012.7
ページ数 303p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-89806-390-3
NCID BB09912645
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22133776
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想