柳田國男の恋

岡谷公二 著

世に知られた恋の詩人は、なぜうたを捨てたのか-。一国民俗学確立のため、頑なに「私」を否定した柳田國男。だが、本人の決意とは裏腹に、詩人の感性は遺著『海上の道』にいたるまで確かに息づいていた。没後50年、封じられた青年期の恋物語を丹念に辿り直し、新事実の発見から柳田学の本質に肉迫する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 松岡國男の恋
  • 中川恭次郎という存在
  • 殺された詩人
  • 『海上への道』へ

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 柳田國男の恋
著作者等 岡谷 公二
書名ヨミ ヤナギタ クニオ ノ コイ
出版元 平凡社
刊行年月 2012.6
ページ数 229p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-582-83575-5
NCID BB09644207
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22134615
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想