日本の石炭産業遺産

徳永博文 文・写真

日本の近代化を支えた全国の炭鉱遺産の所在地を13年間にわたって踏査。写真350点とルポからみえてくる過去と未来。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 北海道(築別炭鉱(苫前郡羽幌町)
  • 羽幌炭鉱(苫前郡羽幌町)
  • 雨竜炭鉱(雨竜郡沼田町) ほか)
  • 本州(古河好間炭鉱(福島県いわき市)
  • 常磐炭砿内郷砿(福島県いわき市)
  • いわき市石炭・化石館(福島県いわき市) ほか)
  • 九州・沖縄(若松石炭商同業組合(石炭会館)(福岡県北九州市)
  • 旧明治専門学校標本資料室(福岡県北九州市)
  • 堀川と折尾駅(福岡県北九州市、中間市、遠賀郡水巻町) ほか)
  • 解説

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 日本の石炭産業遺産
著作者等 徳永 博文
書名ヨミ ニホン ノ セキタン サンギョウ イサン
書名別名 Nihon no sekitan sangyo isan
出版元 弦書房
刊行年月 2012.6
ページ数 284p
大きさ 21cm
ISBN 978-4-86329-075-4
NCID BB09613688
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22112902
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想