連邦準備制度と金融危機 : バーナンキFRB理事会議長による大学生向け講義録

ベン・バーナンキ 著 ; 小谷野俊夫 訳

この講義は、ジョージ・ワシントン大学ビジネススクールの前学部長であり、また、連邦準備の元理事でもあるスーザン・フィリップ氏が提案し、バーナンキ議長本人をはじめとする多くの関係者の協力によって実現した。連邦準備のような強力な組織は聴衆を圧倒してしまうのではないかと思われるが、バーナンキ議長がかつて教壇に立っていたこともあり、非常に刺激的な親しみのある四回の講義に結実した。現職のFRBの議長がFRBそのものについて講義をするというのは、異例である。しかしそれ故に、現実との関わりが深く、説得力のある講義になっている。各講義の終わりには生徒との質疑応答が収録されており、講義の雰囲気を感じ取ることができる。生徒の質問に対してバーナンキ議長は丁寧に回答しており、講義に対する議長の熱意が伝わってくる。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第一回講義 連邦準備制度の起源と任務(中央銀行の任務と政策手段
  • 中央銀行の起源
  • 金融パニックとは
  • 金融パニックと中央銀行の最後の貸し手機能
  • 金本位制:制度と問題点
  • 連邦準備制度の設立
  • 大恐慌
  • 大恐慌時の連邦準備の金融政策
  • ルーズベルトの政策
  • 死次応答)
  • 第二回講義 第二次大戦後の連邦準備(第二次大戦の終結と連邦準備の独立性の獲得
  • マーチン議長:風に向かって立つ金融政策
  • バーンズ議長:インフレ期待の定着
  • ヴォルガー議長:インフレ期待を払拭した強力な引締め政策
  • グリーンスパン議長:グレート・モデレーション
  • 住宅バブルの発生:借り手側の問題
  • 住宅バブルの貸して側の問題
  • 連邦準備の金融政策が住宅バブルの原因の一つだろうか
  • 危機の経済的影響
  • 質疑応答)
  • 第三回講義 金融危機に対する連邦準備の対応(公的部門の脆弱性
  • 新種のモーゲージとその証券化の発達
  • 二〇〇八年、及び二〇〇九年の金融パニック
  • 金融危機に対する政策対応
  • ケース・スタディ:マネー・マーケット・ファンド
  • ケース・スタディ:ベア・スターンズとAIG
  • 危機の経済的結末
  • 質疑応答)
  • 第四回講義 金融危機の余波(連邦準備と財務省および海外当局との協力
  • 伝統的金融政策
  • 非伝統的な金融政策
  • 金融政策に果たすコミュニケーションの役割
  • 緩慢な景気回復プロセス
  • アメリカの潜在的な成長力は強い
  • 金融規制改革
  • 結び:危機から得た教訓
  • 質疑応答)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 連邦準備制度と金融危機 : バーナンキFRB理事会議長による大学生向け講義録
著作者等 Bernanke, Ben
小谷野 俊夫
バーナンキ ベン
書名ヨミ レンポウ ジュンビ セイド ト キンユウ キキ : バーナンキ エフアールビー リジカイ ギチョウ ニ ヨル ダイガクセイムケ コウギロク
書名別名 The Federal Reserve and the Financial Crisis

Renpo junbi seido to kin'yu kiki
出版元 オーム社
一灯舎
刊行年月 2012.6
ページ数 260,5p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-903532-85-1
NCID BB09700217
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22134183
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想