母性をめぐる生物学 : ネズミから学ぶ

斎藤徹 編著

母性についてネズミ等の研究からわかったことをもとに、人間を含めた動物の母性についてわかりやすく解説。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 母と子の絆(ネズミとは
  • 赤ちゃんネズミの誕生
  • 母性行動 ほか)
  • 第2章 ホルモンから見た母と子の絆(ホルモンのはたらきとは
  • ホルモンとはどのような物質なのか
  • ホルモンが作用するしくみ ほか)
  • 第3章 脳から見た母と子の絆(脳の形と神経回路
  • 神経細胞の集団である神経核
  • 神経伝達物質が情報を伝える ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 母性をめぐる生物学 : ネズミから学ぶ
著作者等 山内 兄人
斎藤 徹
田中 実
書名ヨミ ボセイ オ メグル セイブツガク : ネズミ カラ マナブ
書名別名 Bosei o meguru seibutsugaku
出版元 アドスリー
丸善出版
刊行年月 2012.7
ページ数 109p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-904419-35-9
NCID BB0965764X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22133832
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想