風のなまえ

榎本好宏 著

雁渡し、松籟、虎落笛、御講凪…。さまざまな言葉やその語源、言い伝えや風習などを多角的に描く。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 春(蒙古風に運ばれる砂
  • 太子の忌日に吹く貝寄風 ほか)
  • 夏(藤原実方と「黄雀風」
  • 唐招提寺の「団扇撒」 ほか)
  • 秋(「雁渡し」が吹くと秋
  • 『和漢三才図会』の台風 ほか)
  • 冬(八百万神を送る風
  • 落語のなかの風の神 ほか)
  • 無季(中国の風の妖怪たち
  • 風にまつわる俗信 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 風のなまえ
著作者等 榎本 好宏
書名ヨミ カゼ ノ ナマエ
出版元 白水社
刊行年月 2012.7
ページ数 236p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-560-08232-4
NCID BB09640272
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22133849
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想