世界中で危ない目に遭ってきました

荒井奈央 著

海外で警察に連行された経験はおありだろうか?もしくは、ルームメイトが、実はヤクザのおっさんだったという経験は?ホテルのドアマンにストーカーされたことは?大勢の若い男の子が、同時に射精する姿を目の当たりにしたことは…?そんな、悪夢のような私の旅(留学も含む)の体験談と、そこで出会った変態紳士・淑女の方々との下品でカオスなエピソードをまとめたのが、本書である。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • イギリスのホテルで黒人のドアマンに襲われました
  • ベトナムで逮捕されそうになりました
  • 怪しすぎるおじいさんとルームシェアしていました
  • インドの旅行代理店で監禁されてきました
  • タイのゴーゴーボーイズバーで凄まじいものを見てきました
  • ニューヨークでマフィアのバイトを手伝いました
  • プノンペンのカジノでドツボにハマってきました
  • アムステルダムで悪夢のバッド・トリップしてきました
  • カンボジアのドラッグハウスに通っていました
  • 不法滞在者が集うニューヨークの雀荘に入り浸っていました

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 世界中で危ない目に遭ってきました
著作者等 荒井 奈央
書名ヨミ セカイジュウ デ アブナイ メ ニ アッテ キマシタ
書名別名 Sekaiju de abunai me ni atte kimashita
出版元 彩図社
刊行年月 2012.7
ページ数 207p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-88392-870-5
NCID BB10141101
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22136187
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想