プリニウスの博物誌  3 (第12巻~第18巻)

プリニウス [著] ; 中野定雄, 中野里美, 中野美代 訳

第12〜17巻は樹木についての巻。コクタン、コショウ、シナモン、綿の木など外国産の樹木、各種の香木、リンゴ、ザクロ、イチジク、オリーブなどの果樹、樹脂、カシやブナ、カエデ、シトロンなどの木材をはじめ人間生活に有用な木々について述べている。その他にも樹木の栽培法、果樹園の管理の仕方について、香料のつくり方、パピルス紙の歴史、飲酒の習慣のはじまり、ぜいたくな木製家具、花冠や花輪をつくる植物など、樹木に関わる多種多様な知識が披瀝されている。第18巻ではコムギ、オオムギ、インゲンなどの各種穀物の性質と、ローマにおける農業の基本理念、農耕方法、農場経営、農業と天文の関係などについて具体的に記述している。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第12巻 樹木の性質
  • 第13巻 外国の樹木
  • 第14巻 果樹-ブドウ栽培とブドウ酒
  • 第15巻 果樹の性質
  • 第16巻 穀物の性質
  • 第17巻 植栽樹の性質
  • 第18巻 穀物の性質

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 プリニウスの博物誌
著作者等 Plinius
中野 定雄
中野 美代
中野 里美
Plinius Secundus Gaius
プリニウス
書名ヨミ プリニウス ノ ハクブツシ
書名別名 Plinii Naturalis Historia

Puriniusu no hakubutsushi
巻冊次 3 (第12巻~第18巻)
出版元 雄山閣
刊行年月 2012.6
版表示 縮刷版
ページ数 p534~823 図版22p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-639-02232-9
全国書誌番号
22133778
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想