伊都国の研究

西谷正 編

魏志倭人伝で邪馬台国以上の最大字数で記述されている「伊都国」-「伊都国」以前から伊都国時代の王墓・集落・遺跡、さらに伊都国以後の古墳の状況まで、地元の考古学者たちが分担し、最新調査結果にもとづき詳細に分析。伊都国にかかわるコラム・21篇収録。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 伊都国以前(旧石器・縄文時代
  • 弥生時代前・中期)
  • 第2部 伊都国の時代(伊都国の遺跡群
  • 伊都国の国都と王墓
  • 伊都国の衛星集落
  • 斯馬国の遺跡群)
  • 第3部 伊都国以後(前方後円墳の出現と伊都県主
  • 糸島地方の初期前方後円墳)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 伊都国の研究
著作者等 西谷 正
書名ヨミ イトコク ノ ケンキュウ
出版元 学生社
刊行年月 2012.6
ページ数 344p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-311-30085-1
NCID BB09652034
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22134670
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想