国宝神護寺三像とは何か

黒田日出男 著

伝源頼朝・伝平重盛・伝藤原光能像は、足利直義・同尊氏・同義詮像だった。では、神護寺三像は、いつ、なんのためにつくられたのか。三像の「大きさ」に着目した著者は、絵絹や肖像の大きさを比較し、面貌の肖似性を確かめ、ついに夢窓疎石と直義の『夢中問答集』の記述に到達。三像が「互の御影」になぞらえて対の肖像としてつくられ、神護寺に安置されたことを論証する。三像の数奇な運命から南北朝内乱期の歴史を描き出す。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 戦前の神護寺三像論
  • 第2章 戦後の神護寺三像論と米倉迪夫の新説
  • 第3章 江戸初期の神護寺復興と「頼朝御影」
  • 第4章 広幅の絵絹は物語る-神護寺三像の「大きさ」(一)
  • 第5章 比類なき「大きさ」の俗人肖像画-神護寺三像の「大きさ」(二)
  • 第6章 神護寺三像の分析・読解と「肖似性」
  • 第7章 「足利直義願文」は何を物語るのか
  • 第8章 足利直義と夢窓疎石-『夢中問答集』
  • 第9章 神護寺に安置された"対"の肖像画
  • 第10章 観応の擾乱と神護寺三像の運命

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 国宝神護寺三像とは何か
著作者等 黒田 日出男
書名ヨミ コクホウ ジンゴジ サンゾウ トワ ナニカ
シリーズ名 角川選書 509
出版元 角川グループパブリッシング
角川学芸
刊行年月 2012.6
ページ数 366p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-04-703509-6
NCID BB09537149
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22134645
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想