がれき処理・除染はこれでよいのか

熊本一規, 辻芳徳 著

「東北がんばれ!それってただ言葉だけだったのか?東北のがれきが処理されないのは他府県が搬入を拒否しているからだ」「放射能が怖いという無知から来る身勝手な言い分。自分だけ良ければいいのか」-震災がれきの広域処理で、反対する市民に投げつけられる政府・マスコミの非難のことば…。はたして本当にそうなのか?IAEA(国際原子力機関)の安全基準に照らしても80倍も甘く基準緩和し、放射性廃棄物として厳格に保管・隔離されなければならない物を日本全国にばらまく広域処理は、国民の健康に脅威をもたらすだけだ。そして、避難区域への住民の帰還推進で進められる除染事業。しかし放射性物質は除染によって減少することはない。がれき利権と除染利権に群がるゼネコンや原発関連業者。いま必要なのは放射性物質の隔離と住民の避難なのだ。本書は、問題点をていねいに解き明かす。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 がれき広域処理とその仕組みづくり
  • 第2章 がれき焼却は放射能汚染をもたらすか
  • 第3章 放射性物質を汚染循環に入れる愚策
  • 第4章 誰のための広域処理か
  • 第5章 地元主体・被災者救済の復興を
  • 付録 漁業権は誰のためにあるか(初出『季刊地域』Winter二〇一二)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 がれき処理・除染はこれでよいのか
著作者等 熊本 一規
辻 芳徳
書名ヨミ ガレキ ショリ ジョセン ワ コレ デ ヨイノカ
書名別名 Gareki shori josen wa kore de yoinoka
出版元 緑風
刊行年月 2012.7
ページ数 197p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-8461-1211-0
NCID BB09658609
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22134110
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想