音楽の殿様・徳川頼貞 : 1500億円の〈ノーブレス・オブリージュ〉

村上紀史郎 著

プッチーニ、サン=サーンス、カザルスら世界的音楽家と親交を結び、日本における西洋音楽の黎明期に、自費で日本初のオルガン付音楽堂を建設、私財を注ぎ込んでその普及に努めた、紀州徳川家第十六代当主の破天荒な生涯。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 「器楽的幻覚」の侯爵
  • 音楽好きの若様
  • 紀州の若様のイギリス留学
  • 小泉信三とのケンブリッジ生活
  • 来日音楽家たちとの交友
  • 日本初のコンサート・ホール南葵楽堂
  • 音楽巡礼の旅
  • 超一流の演奏家たち
  • 頼貞、資産三〇〇〇万を受け継ぐ
  • 一年九カ月の世界旅行で豪遊
  • 国民外交の推進
  • 戦時中の耕筰、頼貞、秀麿

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 音楽の殿様・徳川頼貞 : 1500億円の〈ノーブレス・オブリージュ〉
著作者等 村上 紀史郎
書名ヨミ オンガク ノ トノサマ トクガワ ヨリサダ : センゴヒャクオクエン ノ ノーブレス オブリージュ
出版元 藤原書店
刊行年月 2012.6
ページ数 348p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-89434-862-2
NCID BB09664805
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22133843
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想