社会保険の法原理

菊池馨実 編

[目次]

  • 第1章 社会保険制度の特質と意義
  • 第2章 新しい社会保険へのアプローチ-民法から考える社会保険の理念
  • 第3章 社会保険方式と社会扶助方式(いわゆる税方式)-老齢基礎年金の社会扶助化を中心に
  • 第4章 障害と社会保険-若年障害者の所得保障の日独比較
  • 第5章 社会保険を中心とした所得保障の制度体系のあり方-イギリスの老齢年金・生活保護・児童手当を参考に
  • 第6章 社会保険における強制加入の一考察-強制加入団体における強制性との比較を通して
  • 第7章 保険者機能と財源方式-NHSにおけるPCT等の運営主体と日本の保険者の比較を通して
  • 第8章 公的医療保険における保険原理と社会原理の均衡点
  • 第9章 介護保険の「保険性」
  • 第10章 介護保険における財源論
  • 第11章 長期失業・貧困と社会保険
  • 終章 社会保険の現代的意義と将来像

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 社会保険の法原理
著作者等 加藤 智章
品田 充儀
小西 啓文
嵩 さやか
新田 秀樹
本田 達郎
水島 郁子
福島 豪
福田 素生
稲森 公嘉
菊池 馨実
西村 淳
書名ヨミ シャカイ ホケン ノ ホウゲンリ
書名別名 Shakai hoken no hogenri
出版元 法律文化社
刊行年月 2012.6
ページ数 255p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-589-03437-3
NCID BB09509198
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22133787
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想