治る患者学 : 賢い患者になるための闘病生活ハンドブック

千石涼太郎 著

医師や看護師、あるいは医事ジャーナリストといった医療界側の論理で書かれた本は、世間にたくさん存在しますが医師や看護師の立場も考えた上で、患者サイドに立って書かれた本を目にしたことがありません。『治る患者学』と名付けたこの本は、大病やリハビリ、ドクハラを経験し、いまも持病で通院を余儀なくされている私が、その経験から、患者や患者の家族側の論理で、患者はどうあるべきか、あるいは病院とどう向き合うべきかを書き連ねた一冊です。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 賢い患者は自らを助く(身勝手で、わがままな患者より、素直でいい患者が早く治るわけ
  • どこが痛いか、どう苦しいか的確に伝える患者がいい患者 ほか)
  • 第2章 賢い患者は治りが早い(「だってみのさんが…」では、医師や看護師もお手上げである
  • 「調子がいいから、薬はもうやめよう」では、せっかくの治療を台無しにする可能性あり ほか)
  • 第3章 病院と付き合う方法(インフォームド・コンセントでわかる医師の姿勢と病院の体制
  • 医師との信頼関係を壊す民間療法の信仰者たち ほか)
  • 第4章 面会、見舞いの心得(家族が入院したときに、必ずしておくべきこと
  • 友人や同僚が患者や家族に代わって、やってあげるべきこともある ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 治る患者学 : 賢い患者になるための闘病生活ハンドブック
著作者等 千石 涼太郎
書名ヨミ ナオル カンジャガク : カシコイ カンジャ ニ ナル タメ ノ トウビョウ セイカツ ハンドブック
シリーズ名 シリーズGAKU
出版元 星雲社
柏艪舎
刊行年月 2012.6
ページ数 171p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-434-16661-7
NCID BB10570232
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22133783
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想