場のまちづくりの理論 : 現代都市計画批判

岩見良太郎 著

なぜ都市計画は豊かな暮らしをもたらさないのか。"場"をキーワードに、豊かな活動、生き甲斐のステージとしてのまちづくりを提起。"3.11"後の新たなまちづくりの方向を示す。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 日常生活と場
  • 第2章 場と意味分け
  • 第3章 場と意味創発
  • 第4章 都市と場
  • 第4章 反"場"の都市計画-近代都市計画批判
  • 第6章 場のまちづくりへの2つの接近-"まやかし"と"前進"
  • 第7章 場のまちづくり

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 場のまちづくりの理論 : 現代都市計画批判
著作者等 岩見 良太郎
書名ヨミ バ ノ マチズクリ ノ リロン : ゲンダイ トシ ケイカク ヒハン
出版元 日本経済評論社
刊行年月 2012.6
ページ数 274p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-8188-2219-1
NCID BB09475835
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22133791
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想