英雄の書  下

宮部みゆき 著

友理子は"印を戴く者"ユーリとなり、額の印に魔力を授かって無名の地から帰還した。兄を探して、彼女が次に向ったのは『エルムの書』発祥の地ヘイトランドだった。従者として連れ帰った無名僧ソラ、魔法でネズミに化身した赤い本アジュ、謎の"狼"アッシュも同行するが、旅先では幾つもの試練が待ち受けていた-。苛酷な冒険の果て、ユーリが知らされる驚愕の真実と本当の使命とは?待ち受ける幾つもの試練と驚異。手に汗握るめくるめく冒険譚。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 英雄の書
著作者等 宮部 みゆき
書名ヨミ エイユウ ノ ショ
書名別名 Eiyu no sho
シリーズ名 新潮文庫 み-22-24
巻冊次
出版元 新潮社
刊行年月 2012.7
ページ数 414p
大きさ 16cm
ISBN 978-4-10-136934-1
NCID BB09581071
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22129537
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想