警察庁長官を撃った男

鹿島圭介 著

1995年3月、日本中を震撼した国松孝次警察庁長官狙撃事件。特別捜査本部を主導する警視庁公安部がオウム犯行説に固執する一方、刑事部は中村泰なる老スナイパーから詳細な自供を得ていた。だが、特捜本部は中村逮捕に踏み切らず、事件は時効を迎えてしまう。警察内部の出世とメンツをかけた暗闘や、中村の詳細な証言内容など極秘捜査の深層を抉るノンフィクション。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • プロローグ パイソンを買った男
  • 公安捜査の大敗北
  • 悪夢、再び
  • 捜査線上に急浮上した男
  • 謎に包まれた老スナイパー
  • 取調室の攻防
  • そして、アメリカへ
  • 動機
  • 幻の男
  • 「-神よ もう十分です…」
  • 告発の行方
  • ゲバラになれなかった男

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 警察庁長官を撃った男
著作者等 鹿島 圭介
書名ヨミ ケサツシチョウ チョウカン オ ウッタ オトコ
書名別名 Kesatsushicho chokan o utta otoko
シリーズ名 新潮文庫 か-65-1
出版元 新潮社
刊行年月 2012.7
ページ数 447p
大きさ 16cm
ISBN 978-4-10-136281-6
NCID BB09578827
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22134109
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想