ほんとうは怖い沖縄

仲村清司 著

燦々と照りつける太陽。美しいサンゴ礁に色彩豊かな熱帯魚。沖縄は南国のパラダイス-なんて内地人の大きな誤解!?真の姿は、「闇」が支配する恐ろしい場所なのだ。霊界と交信するユタ。魂を落として抜け殻のようになってしまった人。建築構造よりも重視される家相…。沖縄にいると、見えないはずのものが見えてくる。沖縄人二世の著者が罰当たり覚悟で明かす、楽園の裏側。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 私のデージ怖〜い体験(こうして僕は引っ越した
  • 生き霊
  • 魂を落とした人
  • 女の子
  • カジョーラー
  • 那覇の迷宮空間・三越裏)
  • 第2章 沖縄にいると、なにか見えてくる(見えないものが見える人
  • ユタ
  • ヒヌカン
  • トイレの神様
  • 線香
  • キジムナーとケンムン)
  • 第3章 ウートゥートゥー異次元空間(口難口事にご用心
  • 家相
  • 御嶽
  • 墓の中)
  • 第4章 激戦地・沖縄の怖〜い戦跡スポット(豊見城海軍司令部壕
  • 米兵の幽霊
  • 新都心
  • 南部戦跡・糸数壕)
  • 第5章 よく出る心霊スポット(瀬長島
  • 斎場御嶽
  • 大山貝塚
  • 七つ墓
  • 久高島
  • 識名坂)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ほんとうは怖い沖縄
著作者等 仲村 清司
書名ヨミ ホントウ ワ コワイ オキナワ
シリーズ名 新潮文庫 な-50-3
出版元 新潮社
刊行年月 2012.7
ページ数 262p
大きさ 16cm
ISBN 978-4-10-116343-7
NCID BB0958024X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22133405
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想