西鶴一代男物語

井原西鶴 著 ; 石川巌 訳

[目次]

  • 標題
  • 目次
  • 七歳 消した所が戀はじめ腰元に心あること / 1
  • 八歳 はづかしながら文言葉おもひは山崎の事 / 4
  • 九歳 人には見せぬところ行水より濡れの事 / 5
  • 十歳 袖の時雨はかゝるが幸はや念者ぐるひの事 / 8
  • 十一歳 たづねて聞くほど契伏見撞木町の事 / 10
  • 十二歳 煩惱の垢掻兵庫風呂屋者の事 / 13
  • 十三歳 わかれは當座拂八坂茶屋者の事 / 15
  • 十四歳 埴生の寐道具仁王堂飛子宿の事 / 17
  • 十五歳 髪切りても捨てられぬ世後家なびける事 / 20
  • 十六歳 女は思はくの外京川原町の事 / 23
  • 十七歳 誓紙のうるし判奈良木辻町の事 / 26
  • 十八歳 旅のできこころ道中人留女の事 / 28
  • 十九歳 出家にはならねばならず江戸香具賣の事 / 31
  • 二十歳 裏家も住所大阪上町者の事 / 34
  • 二十一歳 戀のすてがね京手かけ者の事 / 36
  • 二十二歳 袖の海の肴賣下の關遊女の事 / 39
  • 二十三歳 是非もらひ着る物浮世小路蓮菜女の事 / 41
  • 二十四歳 一夜の枕物ぐるひ大原ざこねの事 / 44
  • 二十五歳 集禮は五匁の外越後寺泊遊女の事 / 46
  • 二十六歳 木綿布子もかりの世坂田の濱女惣嫁の身ぶりの事 / 50
  • 二十七歳 口舌の事ふれ縣神子竈祓の事 / 52
  • 二十八歳 因果の關守信州追分遊女の事 / 55
  • 二十九歳 紀念の水櫛女郎に爪商の事 / 58
  • 三十歳 夢の太刀風女の起請化出る事 / 62
  • 三十一歳 替つたものは男傾城江戸屋敷方女中の事 / 65
  • 三十二歳 畫のつり狐京手だて宿踊子の事 / 67
  • 三十三歳 目に三月花見がへり御所女の事 / 70
  • 三十四歳 火神鳴の雲がくれ泉州佐野迦葉寺の事 / 74
  • 三十五歳 後には樣附けて呼ぶよし野は根本の事 / 76
  • 三十六歳 ねかひの掻餅大津柴屋町の事 / 79
  • 三十七歳 慾の世の中に是は又播州室津の中 / 83
  • 三十八歳 命捨てての光りもの京宮川町の事 / 86
  • 三十九歳 一日貸して何程が物ぞ泉州堺ふくろ町の事 / 88
  • 四十歳 當流の男を見知らぬ安藝の宮島の事 / 90
  • 四十一歳 今ここへ尻は出物難波舟遊戻りに夜見世の / 91
  • 四十二歳 食ひさして袖の橘島原むかし三笠の事 / 94
  • 四十三歳 身は火にくばるとも新町夕霧が情の事 / 96
  • 四十四歳 心中箱島原ふぢなみ執心の事 / 99
  • 四十五歳 寝覺の菜好み御舟かまねのならぬ事 / 103
  • 四十六歳 ながめは初姿島原初音正月羽織の事 / 106
  • 四十七歳 匂ひはかづけ物江戸吉原よし田が利發の事 / 107
  • 四十八歳 全盛歌書羽織野秋兩夫に見ゆる事 / 109
  • 四十九歳 その姿は初昔島原右の高橋の事 / 111
  • 五十歳 末社樂あそび今のかをる装束好みの事 / 114
  • 五十一歳 人の知らぬわたくし銀新町より状つくる事 / 116
  • 五十二歳 さす盃は百十二里江戸吉原高雄紫が事 / 119
  • 五十三歳 諸分の日帳新町木村屋和州の事 / 121
  • 五十四歳 口そへて酒輕籠同森屋あつま事 / 123
  • 五十五歳 新町の夕暮島原の曙今の高橋が亂れ髪の事 / 126
  • 五十六歳 樂寝の事末社厄神參りの事 / 129
  • 五十七歳 情のかけろく江戸小むらさき事 / 132
  • 五十八歳 一盃足らいで戀里島原よし崎事 / 136
  • 五十九歳 都の姿人形長崎丸山の事 / 138
  • 六十歳 床の書道具女護の島渡りの事 / 140

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 西鶴一代男物語
著作者等 井原 西鶴
石川 巌
書名ヨミ サイカク イチダイ オトコ モノガタリ
出版元 東紅書院
刊行年月 大正2
ページ数 144p
大きさ 22cm
NCID BA40744357
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
42004307
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想