歩く

境節 著

生きていることは、何と悲しみに満ちていることか-。引き揚げの体験から震災を経験した現在の日本まで、ひとつながりの痛みの記憶。傷はふかくふかく奥にひそんで、痛みを放ちつづける。「歩く」という言葉に願いを託し、ただひたすらに思い、見つめる言葉の軌跡。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 泳ぐ
  • ここまで
  • 広げて
  • 渡って
  • 歩く
  • 光だけが
  • かけら
  • 光を
  • 探る
  • 銀山へ〔ほか〕

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 歩く
著作者等 境 節
書名ヨミ アルク
書名別名 Aruku
出版元 思潮社
刊行年月 2012.6
ページ数 105p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-7837-3294-5
NCID BB14011265
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22132561
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想