君は、こんなワクワクする世界を見ずに死ねるか!?

田村耕太郎 著

エール大およびハーバード大の研究員を経て、アメリカの国家戦略を起案する超名門シンクタンクに所属。シンガポールの国父・リークワンユーと並んでF1を観戦するかたわら、インドの富豪たちとビジネスパートナーシップを結ぶ…。個人として、他に類を見ないほど世界規模での活動を続ける著者が、停滞する日本で戸惑う若者たちに贈るメッセージ。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 「とりあえず今行け!」と私が言う理由(世界にはワクワクが満ちているから
  • 日本人力は世界で武器になるから
  • このまま日本にいるリスクが高すぎるから)
  • 2 「日本人力」を生かして世界に活躍する先人たち(インド カオスをものともせず、日本の強みでインドから世界を変えるなでしこ!-西嶋悠加乃さん(バンガロールGarden City College学生)
  • イタリア ミラノからガラパゴス日本をグローバルに翻訳。世界で活躍するプロダクトデザイナー-佐藤オオキさん(プロダクトデザイナー)
  • シンガポール ザッカーバーグが注目するシンガポール発のフェイスブックマーケティング-佐藤俊介さん(「サティスファクションギャランティード」代表)
  • 香港で初めて"行列のできるラーメン屋"を立ち上げた日本ラーメン界の猛者!-生田智志さん(ラーメン『凪』社長)
  • ハーバードMBA卒業5日前に出産し、育児をこなしつつグーグル本社で活躍-石角友愛さん(アメリカ・グーグル本社勤務)
  • 明治大学から初のハーバードMBAが世界を変える-古賀洋吉さん(ベンチャーキャピタリスト)
  • 日本人の繊細さを武器に本場イタリアを制する美しきオペラ歌手-小川里美さん(オペラ歌手)
  • 中国で最も有名な日本人はアウェイで個で戦う愛国社-加藤嘉一さん(コラムニスト)
  • ユダヤ人に豚足を食べさせた博多っ子が経営するNY一ファッショナブルな和食-ヒミオカジマさん(『博多TONTON』オーナー))
  • 3 「学ぶor働く」、海外でめいっぱい果実を得るために(まずは学べ。そのために「どこに」行くべきなのか?
  • 海外で働くために備えるべきこと
  • 学ぶ、働く、どちらにものしかかるお金の問題
  • なにをするにせよ、英語という武器を徹底的に身につけよ
  • グローバル舞台での人脈術について)
  • 4 海外進出の本当の果実

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 君は、こんなワクワクする世界を見ずに死ねるか!?
著作者等 田村 耕太郎
書名ヨミ キミ ワ コンナ ワクワク スル セカイ オ ミズ ニ シネルカ
書名別名 Kimi wa konna wakuwaku suru sekai o mizu ni shineruka
出版元 マガジンハウス
刊行年月 2012.6
ページ数 222p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-8387-2446-8
NCID BB09644568
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22118673
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想