満洲鉄道発達史 = SOUTH MANCHURIA RAILWAY HISTORY

髙木宏之 著

先進的な高性能・高速機関車を生み出した革新技術の集大成。設計・製造におけるプラクティス(手法体系)と各形式の設計上の系譜(ツール)を詳細に解説。秀逸フォト・精密図面で描く満鉄ヒストリー。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 安奉線の改築(軽便鉄道車両
  • 安東〜四台子間 ほか)
  • 第2部 鉄道施設の発達(大連駅
  • 大連機関庫 ほか)
  • 第3部 満鉄機関車発達史(1906〜17年の満鉄機関車
  • 1918〜31年の満鉄機関車 ほか)
  • 第4部 満鉄車両形式図選集(蒸気機関車
  • 事故復旧用起重機 ほか)
  • 第5部 朝鮮鉄道旧影(京釜線-釜山〜京城間
  • 京義線-龍山〜新義州間 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 満洲鉄道発達史 = SOUTH MANCHURIA RAILWAY HISTORY
著作者等 高木 宏之
書名ヨミ マンシュウ テツドウ ハッタツシ
書名別名 SOUTH MANCHURIA RAILWAY HISTORY
出版元 潮書房光人社
刊行年月 2012.7
ページ数 247p
大きさ 21cm
ISBN 978-4-7698-1524-2
NCID BB0981409X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22134136
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想