私の妻が肉辱(けが)された夜

綺羅光 著

「こんなになってるのに、我慢しなくても…」甘やかな声で囁かれ屹立した肉柱を細指で絡め取られ、愛する妻以外から施される濃密すぎる口唇奉仕。澄みきった白い乳ぶさ、艶やかな肉体に溺れた男を待ち受けていたのはおぞましき肉辱のシナリオだった。犯される妻は美しい-綺羅光・至高の狂愛凌辱。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 私の妻が肉辱(けが)された夜
著作者等 綺羅 光
書名ヨミ ワタシ ノ ツマ ガ ケガサレタ ヨル
書名別名 私の妻が肉辱された夜
シリーズ名 フランス書院文庫
出版元 フランス書院
刊行年月 2012.7
ページ数 284p
大きさ 15cm
ISBN 978-4-8296-1864-6
全国書誌番号
22084914
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想